九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2020年11月25日 Posted time : 00:06 | Category : D@EXコラム

_1030226.JPGBOSSEZOFUKUOKAで見つけた期間限定のパン屋さん「パンストック」。3F にあるThe FOODHALLにベーカリーカフェ「パンストック E・ZOカフェ パン山」として、11月29日までの期間限定でオープンしています。

パンストック」さんは、福岡市箱崎にある行列のできるパン屋さん。めんたいフランスが有名。めんたいの本場博多なので、なるほどとうなづいてしまう。他にもコーヒーなどのドリンクやジェラートも充実しています。

_1030224.JPG

コロナ対策でしょうか、すべてのパンは袋に入っています。種類もたっぷりありますね。

_1030225.JPG

コーヒーを楽しもうと思いましたが、一杯立てのコーヒーが500円ほど。パンと一緒に購入すると、コーヒーいっぱい300円になるというお得なサービスにつき、パン一個とコーヒー一杯購入した方がお得感あり。というわけでクイニーアマンとコーヒーをゲットし、クイニーアマンは持ち帰ることに。そして家で食べたクイニーアマン、甘くほろ苦く絶品でした。

 

_1030229.JPG

丁寧に一杯ずついれてくださったコーヒー。パンがおいしい店は、コーヒーもおいしいものです。

_1030214.JPG

ちなみにEXITのCMで有名なEZOFUKUOKA、アトラクションだけでなく、HKT劇場、チームラボの展示、王貞治ミュージアム、よしもと福岡などが入っています。満喫すると楽しそうなビルです。アトラクションで遊んだあと、一服するのにぴったりのカフェベーカリーでした。<YA>

 BOSSEZOFUKUOKA 

 

 

 

このページのトップへ

2020年11月24日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

コロナ対策を十分にして主催の会合。本来は250人の会合がコロナの影響で縮小となり限定出席者13名のみの会合になりました。

このご時世ですから仕方ありません。早く大人数の宴会もできる時が来てほしいです。今回会場も十分広く距離はたっぷりとってあります。会食内容は洋食にて。

 

IMG_3593.jpg

ニュージーランド産キングサーモンと紅ズワイガニのポメ

ジャガイモのパンケーキと鱒卵 熊本県産トマトソースのガスパチョ


お皿の絵柄かと思わせるようなぐるぐるデザインソース。サーモンの中からズワイガニ。美味しかったです。主催して「飲み物飲み放題」にして反省です。ビールで乾杯のフレンチはなかったです。この手はシャンパンかスパークリングワインが飲みたくなります。飲み放題のワインよりワインは好きなものをボトルで飲んだ方が美味しいので・・

 

 

IMG_3594.jpg

天草産ヒオウギ貝とアスパラガスのソテー 阿蘇自然豚のラグーあおさとパセリ風味


 

IMG_3595.jpg

カリフラワーのポタージュスープ マドラスの香り

コクのあるスープでした。マドラスですからカレー風味なのでしょうか。オマールビスクソースのようなコクに感じました。


 

IMG_3596.jpg

天草産真鯛のポワレと熊本県産茄子のフォンダン ソースサフラン

 

 

IMG_3597.jpg

国産牛フィレ肉とフォアグラのステーキ ロッシーニ

 

 

IMG_3598.jpg

パンナコッタとブドウのジュレ

パンナコッタ好きです、ご馳走さまでした。

 

 

 


このページのトップへ

2020年11月23日 Posted time : 00:51 | Category : D@EXコラム

_1030005.JPG

 

博多駅にてランチタイム。編集長のブログを検索し、「利休」で牛たんを食べることにしました。牛たん定食に牛たんつくねもプラスしました。

 

_1030007.JPG

早速でてきたつくね。2本で500円。卵黄しょうゆにからめて食べるスタイルです。

_1030009.JPG

 

シズル感あります。香ばしく焼き上げたつくねのうまみに卵黄がからみ、しょうゆの香ばしさがマイルドに。

 

_1030014.JPG

定食。牛タン厚いのですね。こりこりしてうまみもあり、おいしいですね。味は塩とみそから選べて、こちらは塩。右上の緑色のものは、ずんだ。ちゃんとデザートついてくるのポイント高い。

_1030015.JPG

味付けをしっかりしてから、炭火で焼いてあるのだそうです。南蛮味噌をからめていただきます。

 

_1030016.JPG

白髪ネギたっぷりのテールスープ。味わい深くて、韓国のスープのようです。間違いないおいしさでした。<YA>

 

牛たん炭焼 利久 博多駅店

福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9F

092-413-5335

 

 

このページのトップへ

2020年11月21日 Posted time : 00:42 | Category : D@EXコラム

_1020990.JPGコーヒー伝来の地と言われているらしい長崎。その長崎で老舗のコーヒー豆販売店に行きました。中山洋行さんは、自家焙煎のお店です。かなり種類がありワクワク。

 

_1020993.JPG

しかし、あまりに種類が多く、パッケージされたオススメコーヒーに目が行く。人は多すぎると選べないものである。カピタン珈琲、お滝さんの珈琲など長崎っぽいネーミングに引かれます。カピタン珈琲をゲット。ちなみにお滝さんとは、シーボルトの奥様の名前。

_1020992.JPG

店内には珈琲豆だけではなく、缶詰なども多数。

_1020991.JPG

しょうゆなどもあり。

_1010659.JPG

お気に入りのカピタン柄のコーヒーカップにてカピタン珈琲を飲む愉悦。

カピタン珈琲は長崎出島のオランダ商館で、商館長カピタンが飲んだ珈琲をイメージしてブレンドしてあるのだそう。当時長崎出島に入ってきた珈琲は、原産がアラビアのモカで、ジャワ産だったと推察されることから、マンデリンとモカを味づくりの基本としてあるそうですよ。研究され、再現されたマンデリンの苦みとモカのこくが味わい深い。

_1020995.JPG

 

 

新地中華街のすぐ近く。このかわいい看板が目印です!<YA>

 オンラインショップもありました。

中山洋行

長崎市新地町13?9

095?827?2733

 

このページのトップへ

2020年11月19日 Posted time : 00:47 | Category : D@EXコラム

_1020998.JPG長崎物語という長崎の銘菓を購入。1960年代から長崎県民愛好のお菓子。甘いバームクーヘン様で、クリームは一つ一つ手作りで詰められているのだそう。子どもの頃からこのパッケージであり、「茶色い柄に文字が書いてあるもの」と認識していましたが、深く考えることもなく過ごしておりました。調べてみるとなかなか深い。「ジャガタラ文」という文章が刻まれているのだそうです。

ジャガタラ文とは

江戸幕府は1641年、平戸オランダ商館を閉鎖しました。それに先立ち1639年、ヨーロッパ人の父親と日本人の母親に生まれた混血児をインドネシアのジャカルタへ追放しました。ジャカルタが当時ジャガタラと呼ばれていたため、彼らが送ってきた手紙を「ジャガタラ文」といいます。「ジャガタラ文」は、復元された平戸オランダ商館に展示されています。

そんな由緒があるとは知りませんでした。日本が恋しいという思いがつづられていたのだそうですよ。

_1030003.JPG

 

JRにのって、列車のお供として食べた長崎物語。5層のバームクーヘンはしっとり、クリームはちょっとまったりしていて、オレンジピールのアクセントが効いています。長崎土産といえばカステラが有名ですが、唐草の「長崎物語」と「おたくさ」もぜひ食べて欲しい一品です。<YA>

 

このページのトップへ

2020年11月17日 Posted time : 00:32 | Category : D@EXコラム

_1020913.JPGさだまさしさんの行きつけ店、「中国菜館 江山楼」。昭和21年長崎中華街にて創業した中国料理店。築町電停から徒歩2分ほどの場所に本店を構えています。コロナの影響で、オーダーできるメニューなどがかなり減っていました。

 

_1020956.JPG

夜も時短となっていて、滑り込みセーフでした。知らずに来られた方、何人もお店に入れず帰っておられてました。間に合ってよかったです。

 

_1020961.JPG

こちらは特上皿うどん(太)。最初にお店の方から「皿うどんは、焼きそばみたいなものですが大丈夫ですか?」と確認あり。たしかに皿うどんというとなんとなくあんかけのイメージありますよね。こちらはちゃんぽんの汁をしっかり吸わせた太麺焼きそばって感じです。特上という名に恥じぬ、「フカヒレ」トッピングです。練り物なんかも豪快ですね。何より、この麺は、ほかに追随を許さぬ食感でした。しこっとしてつるっとして、こんな麺食べたことない、さすが中国4000年の歴史って感じで美味です。

 

_1020959.JPG

エビチリ。おいしかったですが、2人で食べるには少々少なかったです。

_1020916.JPG

 

「中国菜館 江山楼」近くにあったオブジェ。いい感じのリラックス感。<YA>

 

「中国菜館 江山楼」

 

TEL: 095-820-3735
住所: 長崎市新地町13-13

このページのトップへ

2020年11月15日 Posted time : 00:36 | Category : D@EXコラム

_1020976.JPG

 

長崎市内にある老舗の喫茶店「珈琲富士男」へ。昭和21年創業。遠藤周作や最近でも小山薫堂の書籍に出てくるなど、長崎が誇るトップオブ純喫茶です。コーヒーも有名ですが、サンドイッチもとても有名。前日に店の前を通った時は「サンドイッチ売り切れ」の紙が貼ってあり、翌日朝一番で、モーニングとしてサンドイッチをいただきました。

_1020975.JPG

 

フルーツサンドイッチとエッグサンドを頼んで、シェアすることに。プチサンドイッチセットだと、少なめだからちょうどよさそう。

_1020965.JPG

店内は、純喫茶感が満載ですね。本当に長崎は古きよき喫茶店が今も生活の中に息づいています。

_1020973.JPG

 

注文票もすてき。

_1020969.JPG

こちらはエッグサンド。「しあわせの黄色いサンドイッチ」とも呼ばれているそう。注文を受けてから卵を焼いて、しっとりとしたパンに挟んであります。分厚くあたたかくきめ細やかな卵は少しマスタードが効いていて、とてもおいしいです。

_1020968.JPG

コーヒーもさすがのコク。

_1020972.JPG

フルーツサンド。缶詰フルーツたっぷりのなつかしい味。こちらのサンドイッチは、具材はもちろん、しっとりしたパンがとてもおいしいです。コンビニサンドではこのできたてパンに「具材はさみたて」というフレッシュな感じは決してでませんね。薄く切られた梨も職人技。毎回行きたくなる店を発見してしまい満足。<YA>

珈琲富士男

長崎市鍛冶屋町2?12

095ー822ー1625

木曜定休

このページのトップへ

カレンダー

2020年11月のカレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー