九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年8月17日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ファミリーで那覇に。那覇のストリートといえば国際通り。国際通りの近くの観光名所といえば国際通りから横にのびる、市場ストリート。公設市場。


なんせ、戦後のやみ市時代から続くカオスな場所。2度目とはいえ子供に見せておく価値はあります。というかこのあたり、アーケードになっているし以外と涼しく散策できる場所なんです。

 

 

1階の魚売り場では「料理しますから食べていきませんか」との勧誘がすごい。結構値段も高そうなのだが、2階に沢山あるお店では外国人中心に中華料理のお店は大繁盛だ。いままで何度も来たことがあるけど、公設市場でご飯は食べたことはない。

 

 

ぐちゃっとした、このアジアらしさがたまらない。日本ではないようです。

娘はこんな雑然としたところでご飯食べたくない、と不機嫌。

 

sakuo5.jpg

比較的空いていたこの「さくら亭」でさく飯タイム。

テーブルもアウトレットか中古で買ったような、家庭用テーブルをつなげてあるので段差がありますね。


 

sakuo1.jpg

ご飯もの、定食、麺類 無難なものにしておいたほうが良さそう。


定食にみそ汁ってあるけど、沖縄のみそ汁は具材たっぷりなんですよね。みそ汁定食

 

 

sakuo3.jpg

子供はソーキそば 600円


 

 

sakuo2.jpg

こちらは ゴーヤーチャンプルー定食 600円。味噌汁ではなくてミニ沖縄そばが付いている。豆腐とスパム、ゴーヤーがからんだチャンプルーは沖縄で食べて外すことが少ないアイテム。

 

 

sakuo4.jpg

私は ポーク卵定食 600円。 沖縄名物スパムと卵焼きだよ。こちらもミニ沖縄そば付。どう見てもゴーヤーチャンプルー定食のほうが、同じ値段の割には美味しそうに見える。

 


アジアをバックパック旅行していた学生時代を思いだし、汗と一緒に、涙が流れてくるような気がした。

 

 

全部で4人、2400円というかなり安いランチだった。こういうのも逆に思い出に残る。TT

 

YAさんの記事

牧志公設市場グルメ 儀間鮮魚店で魚を買って、二階のきらくさんで料理してもらう

 

 

食べログ(掲載時点 3.21)



 

 

このページのトップへ

2018年8月16日 Posted time : 00:53 | Category : 熊本グルメ情報

DSC01012.JPG

 

 

 

近所のハンバーグ店がなくなり、なにやら飲食店ができていると思いましたら、肉肉うどんさんができました!熊本には嘉島に1店舗あるようですが、もともとは博多名物のうどん屋さんなのだそうで、早速行ってきました!

 

DSC01015.JPG

博多名物らしいのですが、もともと北九州の小倉発祥のうどんのようです。そうですよね、博多のうどんって軟らかい麺とうすい色のスープという印象ですが、こちらのスープはしょうゆが黒っぽい。おまけに肉もころころとした角切りの肉が入っていて、ショウガもトッピングしてあります。

 

DSC01014.JPG

 

メニューを見ると、うどんとそばの両方盛りなど、とってもオリジナルなメニューもあります。どっちも食べたいときって確かにありますよね。今回は、オーソドックスに肉肉うどんをオーダー。ショウガの盛りが選べるみたい。ショウガ普通で。

DSC01018.JPG

ちなみにここのもう一つの特徴は、替え玉ができること。うどんで替え玉って初めてです。しかもうどんを食べた後で、替え玉をそばにするのもいいみたい。

 

DSC01020.JPG

 

こちらが肉肉うどん。角切り肉がたっぷり入っていて軟らかくっておいしいですね!ショウガも肉の臭みを消してくれていて、豚の角煮を食べているみたい。

DSC01022.JPG

 

麺は、平たい麺でした。軟らかくて私好みです。夜は22時まで開いているみたいで、かしわ飯や親子丼、カツ丼など、うどん以外のメニューも充実。コンビニ行くより手軽に晩ご飯食べることができそうです!<YA>

 

肉肉うどん清水バイパス店

 

熊本市北区室園町3-48 マリーハイム 1F

096?277?1529

 

このページのトップへ

2018年8月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

ssnn12.jpg

市役所に所用があり、笹のやに久しぶりに訪問してみます。2015年オープンした年の夜に来ましたから3年ぶり。ランチは初めてです。市役所の裏の上通り寄りの道、ミシュランで1つ星を獲得した、IL CASINOの近くにあります。

 

 

 

 

 

 

ssnn11.jpg

CUISINE 笹のや というんですか。ランチは1000円から。

 

 

ssnn1.jpg

お店は階段を上がって2階。入口はシックな感じにしてありますね。

 

 

ssnn2.jpg

手前にカウンターが5席ほどあるのですが、その奥は通路の両側に個室(靴を脱ぐかとおもいきや、そのまま上がれます)があります。今日はカウンターに座りました。

 

 

ssnn3.jpg

ランチは1000、1500、1200、3500、5000円とありますね。寿司は1200円。

今日は竹膳に刺身がついた 笹膳 1500円にします。


 

ssnn4.jpg

ちなみに夜はアラカルトもあるのですが、コースは軽い1500円、3500、5000,8000円とあります

 

 

ssnn5.jpg

サラダをいただき、料理はテンポよくサクサク出てきますので嬉しいです。

 

 

ssnn6.jpg

前菜盛も結構なボリュームがある。懐石のコースのような前菜。

 

 

ssnn7.jpg

刺身4種盛。いかも肉厚。それぞれが厚く切ってありました。

 

 

ssnn8.jpg

ご飯は半分でお願いしました。焼き魚はサバ。

味噌汁がおいしい。

 

 

ssnn9.jpg

表面はパリッと焼けていて、焼け具合が丁度いい焼きサバ。塩サバというほど塩気も少なく上品な味の鯖。付け合せは焼き豆腐と焼き玉子。

 

 

ssnn101.jpgそして、杏仁豆腐にて〆。テンポよかったので、時間もかからず食事を楽しむことができました。TT

 

食べログ(掲載時点 採点なし)

 

このページのトップへ

2018年8月15日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

夏休み、どれだけカレーシリーズ

 

熊本では月1オープンするカレー屋さんとして有名な、ソロモン厨房が7月にリニューワルオープンしたので訪問。災害があって建物も経て替わったのですね。ずっと前は並木坂にお店もありました。YAさん記事

 

soromo4.jpg

迎町のセブンイレブンのそば。自宅風お店の前に駐車場が3台とセブンイレブンの壁側に2台の合計5台。そばにコインパーキングもありますが、ここも一杯だとしたらお店もお客様で一杯の可能性大でしょう。


 

店主の村上さんは大阪のホテルで和食の修業を積み、東京でカレーに衝撃を受け銀座の「デリー」というカレーの名店で修業され、その後実家の「村上米穀店」を継ぐために帰熊。お米販売の仕事のかたわら月1でカレー店舗をオープン。幻のカレー屋と呼ばれるようになり、その後カレー店と米穀店の経営を両立されて、いろいろあり、今日に至ります。


 

soromo5.jpg

お店の外観だけでは このお店は 「何を販売しているとか全然わからない」。

出てきた人のカレー臭で判断。

 

 

soromo7.jpg

お店の中はアジアンカフェかと思うような感じ。カウンター3席、テーブル席合計 17名くらいで一杯ですね。

 

 

メニュークリック拡大、戻る。

soromo6.jpg

ソロモンカレーは名物料理か・・・

まわりはカツカレーを食べている人多い・・・・

それなら カレー2種セットで種類を食べようじゃないか。

 

カシミールカレーとソロモンカレーを選択。発汗作用と整調作用にいいのか・・・・



 

soromo9.jpg

福神漬け 少し甘目

 

 

soromo1.jpg

白米か雑穀米か 選択可能で ご飯のS,M,Lも無料。米の炊き方にこだわってあるのか。

 

 

soromo8.jpg

左はソロモンで右はカシミール。個人的にはカシミールのほうが旨さ感が出ていると感じる。

 

 

soromo2.jpg

カシミールカレーにしてみた。後でご飯を中央に異動させて反対側にソロモンカレーを注入してあいがけにしました。


カシミールカレーは口にいれてもそんなに辛くはないものの・・・食べていると頭の上から汗が出ます。中辛なのに。サラサラ香辛スパイスカレーです。

 

 

 

soromo3.jpg両方チキンが入っていました。

ドライカレーも美味しそうだ。また伺うとします。TT

 

食べログ(掲載時点 3.29)


けんさむの熊本紹介

 


 

 


このページのトップへ

2018年8月14日 Posted time : 00:47 | Category : D@EXコラム

DSC00916.JPG

ザ・ニューホテル熊本(旧ホテルニューオータニ熊本)さんは、私が結婚式を挙げさせていただいた大好きなホテルです。現在、名前が変わって、リブランド一年。ハンドフルートのコンサートなどさまざまな企画をなさっています。今回お伺いしたのは「Beer Night 80s」という企画。80年代の音楽をBGMに、ビールやお料理が楽しめる立食タイプのパーティーです。行ってみたら、たくさんの人がいてびっくり!自分も参加しておきながら言うのもなんですけど、こんなにみんな80年代に浸りたいのか!と半ば驚き。こちらは、DJブース。DJさんの周りでは踊っている方もちらほら!それにしてもなつかしい音楽いっぱいかかりましたよ!たとえばデッドオアアライブとか笑。若い方も多数参加されていて、楽しんでいらっしゃいました。ちなみに入り口部分には薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」のポスターなどが貼ってあり、盛り上がる気分を押さえられない演出(笑)。

 

 

DSC00914.JPG

 

これでもかってくらいビールたくさんありました。残念ながらノンアルビールを楽しみました。80年代に一緒に仕事をした人たちにばったり会ったり。あのきらびやかなバブルの時代を経験した人からすれば、「you spin me round(you tube)」かかったら、体が動くの止められないですもんね(笑)。

 

DSC00918.JPG

 

抽選会などもあり、料理もすこぶるおいしくて盛り上がりました。ニューホテル熊本さんは、かつてニューオータニだった頃、バリ等のリゾートホテル・アヤナリゾートプロデュースのインドネシアフェアを行うなど、なかなかおもしろい企画をされています。それにしても楽しかったな!ハンドフルート、ビアーナイトと2つのイベントを経て、さらにパワーアップしたイベントを期待しています!<YA>

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月14日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

夏休み、どれだけカレーシリーズ

 

yagc5.jpg

城彩苑から国立病院のそばを通って新町方面へ抜けるメインロードの角にある 八木カレー。

熊本では行列のできるカレー店としても有名。実は初めての訪問。

行列のできるカレー期待してしまいます。先ずネットなどで事前情報収集して訪問。


 

 

yagc6.jpg

11:45に訪問。今日は1人しか並んでいない。ということで2台確保されている駐車場は空いているはず。うまく1台分空いていて駐車して店に戻ると、ものの数分の間に4名も行列ができてしまい、6番目となりました。1回転目は大丈夫(店内の席数はカウンター10、テーブル2くらい)と安心していました。

 

12:00丁度に店がオープン。入店後注文をします。こういう通なカレー屋さんって注文の仕方みても常連かどうかわかるんだよね。ラーメン屋っぽく。

 

店内は写真撮影禁止という張り紙があったので

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

メニュー:辛さは マイルド・中辛・辛口・激辛 の4段階

ルーが オリジナルベース か ココナッツベース

 

 

オリジナルベース

インドカレー 700円、 エッグカレー 800円、ベーコンと野菜のカレー 1000円、 マトンカレー 1250円


ココナッツベース

インドカレー 800円、 エッグカレー 900円、ベーコンと野菜のカレー 1100円、 エビとナスのカレー 1250円

 

ライスの小盛 は50円引、 大盛は 150円増

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ベーコンと野菜にも惹かれましたが、ここはオリジナルのエッグカレーで。調理人1名とホール1名で切り盛りされています。厨房は見えませんが、1皿づつ小さい鍋で作成されているようです。ここは 時間にゆとりがないといけない ということは調査していました。

1番目に並んだ人のカレーが出てきたのが12時18分。それからゴルフのスタートのように だいたい5分で1皿仕上がっていきます。2人で来ていても一度に2皿とか出てこない。

 

 

外には2回転目の行列ができています。

順番はそろそろと思っていると


yagc1.jpg

玉ネギの酢漬けが運ばれてきました。

 

そして入店40分かかり到着。結構時間かかるんですね。ここまでかかるとは 蒸しから行う鰻屋と同等レベルですね。


 

yagc2.jpg

撮影は自由ですが、「他の人が写り込んだり、動画はだめですよ」と店員さんから一言ありました。


フライドエッグ(卵2個)から卵1個がころんと飛び出しておりました。サラサラ系のカシミール系カレーでスパイス香がするカレーです。




yagc4.jpg

野菜がえのき、おくら、じゃがいも、ナッツ、茄子など。カレーにえのきって組み合わせいままで食べたことないですが、結構いけるものですね。新たな収穫。


 

 

yagc3.jpg

サフランライス。

卵をつぶしていただきます。

 


中辛というのは思ったより辛くないですね。玉子も合わさるせいかマイルドになります。確かに野菜とかの入れ方も丁寧に作られているカレー感がありスパイスも沢山の種類が使ってあるでしょう。かなりスパイスなカレー。


もっと衝撃な感動があるかもと思っていたので、その点はありますが十分に行列してもここのカレーは食べたくなる味だと思います、マトンカレーも美味しそうでした。食べるの10分、合計約1時間。ふぅ TT

 

 

食べログ(掲載時点 3.41)

 

 

 

このページのトップへ

2018年8月13日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

 

ウィークエンド。ビストロで赤ワインを飲みながら食事と想定するも、ビストロが予約が一杯だったので、家の近くの生つくねを研究してみることとした。

 

東バイパスを市民病院方面から田井の島へ向かうとこのタレ幕を見て気になった人も多いでしょう。 名物生つくね焼

 

何年も気になっていたのですがようやく訪問。

 

 

jint1.jpg

駐車場もあります。

 

 

jint17.jpg

炭火焼 鳥仁(とりじん)。行動しないと来ないものです。焼鳥屋さんはワインもあることが多いし。

 

 

jint2.jpg

カウンター、テーブル、座敷。結構多く入ります。

 

 

jint4.jpg

やっぱり生つくね

色々串がありますが、面倒なので4人中3人分 鳥仁セット(串8本) 1500円。後は好みを追加しましょう。

 

好物の ぼんじり と やげん がないことかなぁ

 

 

jint33.jpg

ワインはハーフ4種類。ここは bで 帰宅後昨日の残りのワインを飲もう。

 

 

jint5.jpg

お通しのキャベツ2人前が少ないのは、野菜高騰の影響か。メニューにはキャベツおかわり200円。

 

 

jint6.jpg

豆腐サラダ 500円

 

 

 

jint7.jpg

串はメニューの右から順に。

わさび、ゆずこしょう、梅


 

 

jint8.jpg

単品だと350円の特上和牛串。焼き立てでうまい

 

 

jint9.jpg

コース外の白玉


 

jint10.jpg

手羽先

 

 

jint11.jpg

鳥はつ

 

 

jint13.jpg

ポテト巻き

 

 

jint14.jpg

ねぎま、コース外のピーマンと皮

 

 

jint154.jpg

豚バラ

以上のメニューれ以外にも何本か食べましたね。

 

jint16.jpg

最後に生つくね。名物だから早く来た方がよかった。軟骨が入ったつくね。

それに 棒生つくねを食べないと と後の後悔

 

味わいの刻 (こちらに生つくねが掲載されていました)

 

 

jint15.jpg

焼きおにぎり バター風味

 

やはり看板の生つくね、和牛串を最初にいったほうがよいではないでしょうか。TT

 

食べログ(掲載時点 3.18)

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

カレンダー

2018年8月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー