ダイニングエクスプレス

おかげさまでハウディは50周年!

2017年8月22日 Posted time : 00:42 | Category : 全国特産物情報

DSC07052.JPG

 

沖縄プラザハウスに隣接するタコス屋さんセニュールターコに行きました。創業30年の老舗のタコス屋さんだそうです。店構えも古く、いかにも地元で愛されているっぽい雰囲気。

 

DSC07048.JPG

壁を見ると、700円のセットメニューアリ。タコスもタコライスもドリンクもオニオンリングもついて700円とはお得な値段じゃないですか!!わたしはタコライスよりもタコスの方が断然好きなので、おいしいタコスを食べたいんじゃ!沖縄ではチャーリー多幸寿(タコス)さんしか行ったことがないので、新規開拓です。

 

DSC07051.JPG

こちらがセットメニュー。タコスの皮は揚げてあるようであつあつぱりっぱりで、時間が経つとしっとりしてきます。ひき肉がかなりピリッとしていて深みのある味で、好み。大人向きタコスって感じでしょうか。オニオンリングは外かりかり、中ふわっとしていて、人気なのがうかがえます。本場のタコスはクオリティが違います。沖縄がタコスの本場と言っていいかどうかは別として(笑)

 

DSC07047.JPGのサムネール画像

この薄暗い感じがなんともよい。地元のおばあちゃんたちがのんびりタコスをほおばっている姿に、沖縄を感じる。近くにイオン(ライカム)ができて、なんだか押され気味のプラザハウスですが、このタコス屋さんも含めて、なんとかがんばって欲しい。タコス好きは絶対満足するおいしさです。<YA>

 

セニョールターコ

沖縄市久保田3-1-12

 

このページのトップへ

waku

2017年8月22日 Posted time : 00:05 | Category : 編集長コラム

yokoyamaa8.jpg

ダイニングエクスプレス読者の方、お待たせしました。久しぶりのラーメン店の登場です。青森市の繁華街にある深夜営業のラーメン店に突入です。青森といえば、煮干しラーメンを食べて帰らないわけにはいかないでしょう。あと味噌牛乳カレーラーメンもあるのですが。十三湖しじみラーメンのお店もあるが、ここはニボラーで。

 

yokoyamaa1.jpg

ここは20時から朝4時まで営業。さすが今日は混んでるわ。

 

 

yokoyamaa2.jpg

中華そば 細麺は 650円。これしかないという感じだなぁ。

 

 

yokoyamaa4.jpg

何!ギラギラ煮干し! 惹かれるなぁ。熊本麺商人の極ニボみたいなものか。かなりギラギラしたくなってきた、ということで追加!

 

 

yokoyamaa5.jpg

来ました。超オイリーなギラギラです。真夏の青森では顔もこんなにギラギラすることはなさそうですが。あ、実はこれは私のではなくて一緒に来た方のラーメン。

 

 

yokoyamaa6.jpg

やっぱりあっさりニボでしょう。澄んだ煮干しラーメン。これですね。

 

 

yokoyamaa7.jpg

チジレ度がいい具合の麺ではないですか。ということで撮影会は終了。私はラーメンはパスさせていただきました。。スープは数口ずついただきました。好みはギラギラの方でした。

 

yokoyamama3.jpg

私といえばおつまみチャーシュー400円を2枚程度。ギラギラ煮干し太麺ラーメン大盛りを食べれないとは、情けない胃袋になったもんだ。TT

 

食べログ(掲載時点 3.08)

 

 

このページのトップへ

waku

2017年8月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

sty1.jpg

地元の人に予約していただき、訪問した「さとや」さん。海鮮が美味しい居酒屋さんとのこと。ねぶた祭りが開催中のため、音が響きます。

 

sty2.jpg

井戸水(日本酒)のおすすめは色々ありますね。人任せにしたせいか何を飲んだかすっかり忘れました。いけませんね。

 

sty3.jpg

料理はおすすめ以外にも通常メニュー品が沢山あります。


 

stya4.jpg

お通しから

 

stya5.jpg

わさび入りポテトサラダ 550円。 食べてない状態でこれだけか。。


 

stya8.jpg

ズワイ蟹と大根のサラダ 750円

 

 

stya15.jpg

もろきゅう

stya6.jpgお刺身の盛り合わせ。大間の本鮪はじめ、美味しそうなのが綺麗に並べられています。

 


stya7.jpg

今別産生うにとか、美味しいし。


stya9.jpg

これも肉がやわらかく美味しいと人気だった、前沢牛霜降りサガリ串焼き 1本480円。

 

stya11.jpg

陸奥湾産活きホタテの刺身。

 

 

stya12.jpg

珍味系・・・パス

 

stya10.jpgカマンベールチーズの燻製 450円。ハーフポーション、くんせいの具合が絶妙で日本酒にあう。

 



stya14.jpg

新生姜の海老巻天ぷら 600円。見てただけですが。

日本酒と白ワインを堪能。TT

 

食べログ(掲載時点 3.46)

 

 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年8月20日 Posted time : 00:46 | Category : D@EXコラム

DSC07046.JPG

 

沖縄コザにあるセレクトショップロージャース。1954年にオープンした日本で最初のショッピングモール「プラザハウス」の1階にあります。ヨーロッパやアメリカなどからの輸入雑貨や食品、お洋服などがあり、とにかくオシャレ。米軍文化が息づく沖縄ならではって感じで異国感があります。古い小さなショッピングセンターですが、建物は60年前のままらしい。お客様も店員さんも外国人の方が多いです。

プラザハウスの歴史は、ココ

 

DSC07045.JPG

壁に貼られたロージャースの歴史っぽい写真。フィフティースの時代から沖縄にあるんですものね。アメリカ人御用達だったことが伺えます。かつては日本人は入れなかったそうですよ。

DSC07053.JPG

 

そこで購入したファロのカシスマスタード。カシス入りのマスタードって初めてみましたが、色がとってもかわいいです。ちなみにファロは1840年創業のブルゴーニュのマスタード屋さんです。ブルゴーニュのディジョン地方はマスタードの産地です。ファロのマスタードは、カシスだけでなくエストラゴンなどさまざまな種類のマスタードがあります。インスタ映えしそうな黒スグリ(カシス)の赤色を購入。

 

DSC07055.JPG

肉や温野菜、お魚、何にでも合います。癖はないですがほのかに甘酸っぱくって、複雑な味のマスタードです。ソーセージにつけて食べたら絶品!サンドイッチに薄く塗ると、味も深みが出るし、何よりかわいいですよね!沖縄観光ってついつい国際通り中心になりがちですが、このような沖縄の歴史や文化が色濃く残るお店に行くと、沖縄らしさを深く感。<YA>

ロージャース

沖縄市久保田3-1-12プラザハウス1階

 

 

このページのトップへ

waku

2017年8月20日 Posted time : 00:01 | Category : 編集長コラム

mikim0.jpg 2年ぶりの青森訪問です。8月2日から7日まで開催された青森のねぶた祭りに行ってきました。(開催期間中全部いたわけではありませんが)ねぶた祭りを実際見るのは初めて。熊本が気温38度とか言っているときに、青森は24度とか。同じ日本ですか?!って感じでジャケット着てもフツーなのが変な感じ。今回は沢山ねぶた祭りを満喫させていただきました。ねぶた祭り期間中はホテルも満杯。ねぶたが通る近くは交通規制で飲食店もまつり終了の21時からはどこも賑わいます。軽く食事はしていたので、「日本酒」と「まぐろのぶつ切り」を目当てに予約済みの和食屋さんに。

 

mikim1.jpg

三亀松(みきまつ)とはなかなか読めないわ

 

mikim2.jpg

枝豆とホヤ貝(苦手です)、黒いのは つるつるわかめ というわかめを使った麺。知らないで食べていたら絶対もずくと勘違いするわ。

 

mikim3.jpg

大間の赤まぐろのぶつ切り。これよこれ。赤身もいいですね。ホテルでは朝食にも出ていました。

 

mikim4.jpg

かにと

 

mikim5.jpg

海老で

銘柄は忘れたけど日本酒を冷で。

 

mikim6.jpg

最後はシンプルなおにぎり。TT

 

食べログ(掲載時点なし)


このページのトップへ

waku

2017年8月19日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

yotte1.jpg

羽田空港(JAL)第一ターミナル内で乗換のためのランチタイム。時間がないので、さっとすませられて美味しいお寿司「又こい家」をセレクトした。12番ゲートの前にある。ここはターミナル内(荷物検査上内)にある飲食店では食べログポイントも高いところです。夏休みとあって家族連れが多い空港内。ここはのんびり食べている人も少ないから回転はいい。立食いメインですが、そばにテーブルもあるのでそちらを利用することも可能。2人で訪問。手荷物はかごの中に入れる。

 

 

yotte11.jpg

丼からビールと一緒になったセットメニューなど、もちろん100円寿司よりはアッパーレベル。高目の回転寿司やさんくらいのイメージで良いでしょう。

 

yotte12.jpg

限定25食の夏の5貫握り 1600円をベースにいくつか単品で注文することにします。

 

 

yotte7.jpg

(メニューはクリック拡大、戻るで元の画面)

又こい家は築地が本店で 羽田に第一、第二、東京勝どき、大阪難波に合計5店舗。違う名前の鮨屋でも出店している寿司メインの飲食業さんです。単品は150円から。サーモン(150円)、タコ(150円)、イカ(250円)、大トロ(500円)、かんびょう巻(350円)、鉄火巻(450円)これは2人でシェア。巻物にすると手巻き+200円とのこと。具材の量が増えるのでしょうね。

 

 

yotte2.jpg

注文して出てくるまでが早いこと。いか、サーモン、たこ

 

yotte3.jpg

シマアジ、中とろ

 

yotte4.jpg

キス

 

yotte5.jpg

石垣貝とのこと。少し苦手な感じ。食べました。単品だと600円。とり貝に類するようだ。

 

 

yotte6.jpg

穴子

 

yotte10.jpg

大トロ (後半でなく最初に食べれば良かった)

 

yotte9.jpg

鉄火巻

 

yotte8.jpgやっぱり〆のかんぴょう巻

 

予定よりかなり早くランチタイムは終了しました。時間ありませんがラウンジでコーヒーでもいただきましょう。TT

 

又こい家 ということで次回の東京の際、また行ってしまいました。

 

matak1.jpg同行者は寿司8貫セット。この日は休日なので麦ジュース。

 

matak2.jpg

私はサーモン炙り丼(1200円) 以前食べている人が美味しそうで気になっていたメニュー。脂ののったサーモンといくら。

 

matak3.jpgmatak4.jpgボリュームたっぷりのサーモンといくら。ご飯の量も十分で、これは満足度が高いメニューだと思いました。味噌汁にもエビが入っているし。これはターミナル内ではオススメの一品かもしれません。ごちそう様でした。TT

 

食べログ(掲載時点 3.58)

 




 


 

 

 

このページのトップへ

waku

2017年8月18日 Posted time : 00:02 | Category : D@EXコラム

DSC06796.JPG

 

明治12年創業の老舗、青柳総本家さん。名古屋名物のういろうの元祖といっても過言ではない名店です。「青柳」だけあって、柳の枝に向かってカエルがぴょんぴょん跳んでいる姿がロゴ。これは、かえるのようにあきらめずに何事にもトライしよう!という青柳総本家さんの思いが込められているのだそうです。名古屋では1600年代からういろうが作られていたそうですが、青柳総本家の3代目さんがういろうを駅の構内やプラットホームで立ち売りされたのを皮切りに、全国に広まり、名古屋名物になったのだそうです。

長年名古屋の人たちに愛されているういろう。羊羹よりも甘さ控えめなことから、私は大好き。特に青柳総本家の「上がり」というういろうがお気に入りです。「上がりういろう」は、こしあん風味のういろうです。昭和34年に現在の天皇陛下がご成婚されたのを記念し、献上したので 「上がりういろう」と名付けられたのだそうです。天皇陛下に献上されるものを、私が食すなんて、おこがましいのですが、おいしさお墨付き。甘さが控えめで、上品な味がたまりません。

ういろうって当然ながら原材料がお米なのですが、青柳総本家さんには、なんとアスリート向けのういろうがあります。エネルギー効率のよい炭水化物と、適度な水分と糖質、これに塩分を少々加えた「青柳ういろうforアスリート」は、まさにアスリートにぴったり。ういろうとアスリートが結びつくとは、不思議ですが、常に進化し、新たなチャレンジを続ける老舗和菓子店のロゴは、やっぱりぴょんぴょんカエルがびったりだなと改めて感じました。こちらのカエルまんじゅうも青柳総本家さんの大人気商品です!<YA>

 

 

青柳総本家守山直営店

名古屋市守山区瀬古1-628-1

 

 

このページのトップへ

waku

カレンダー

2017年8月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー