九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2018年9月26日 Posted time : 00:13 | Category : 熊本グルメ情報

 DSC01218.JPG

麺について語るとき、ココ抜きでは語れない山鹿市の入屋うどんさんです。何度行ったかわかりませんが、やっぱり一番好きなうどん屋さんです。毎回浮気することもなく食べ続けるごぼうおぼろうどん。ほかの選択肢はない。初めてこのうどんやさんに連れて行った方が、私の隣で肉うどんをオーダーしましたが、私にはごぼうおぼろに変えなさいという権利はないけど、こういう時に、肉うどんを頼むことをよしとする人間が正しいのか、ごぼうに変えさせる人間が正しいのかは、永遠のテーマである。

以下過去記事

山鹿市 入屋うどん。ごぼうおぼろうどん。やっぱり好き

山鹿市 入屋うどん 暑くてもめげない。あつあつのごぼうおぼろうどん

 

DSC01220.JPG

柔らかい麺が好き。よって、ヒライの肉うどんとかウエストとかも好きである。

DSC01216.JPG

こちらは、おいしいかやくごはん。上質のだしとゴボウがあれば、何もかもおいしくなるのだというロールモデルだ。

 

DSC01221.JPG

 

いつでも大繁盛。山鹿灯籠まつりの花火の日もしっかりオープンしていましたが、裏の駐車場に止めることができなかったのが残念。表にかろうじて止めることができたので、よかった!<YA>

 

入屋うどん

山鹿市中央201

定休 木曜

0968の43の6029

 

 

 

 

このページのトップへ

2018年9月25日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

yojiya1.jpg

9月に入っています。

羽田空港第一ターミナル。京急やモノレールの出口のあるフロアにある あぶらとり紙で有名な「ようじやさん」

買うものはないのですが、

 

 

yojiya2.jpg

隣接された よーじやカフェでお茶でもと思い、席も空いていました。

 

 

yojiya4.jpg

カプチーノの図柄がキャラクターなんですか。

 

 

yojiya3.jpg

わらびもちパフェとか無性に今日は食べたい気分。


 

yojiya5.jpgいや、今年の夏はロールアイスは食べたけど「かき氷」は食べていないなぁ。夏季限定。もうじき食べれなくなるのか。

最後のかき氷、いってみますか。

かき氷 宇治に 練乳トッピングで。



yojiya6.jpg

紙おしぼりがキャラクターでかわいくて

 

 

yojiya7.jpg

白玉3個、あずき・練乳 別添


氷自体はでかいわ。


 

yojiya8.jpg

練乳をかけていただきます。

抹茶味美味しいですね、でもかき氷は戸外で食べるとやっぱりもっと美味しい。

エアコンが効きすぎているから今度はホットドリンクが飲みたくなった。



yojiya9.jpg

さて違う日に熊本で

やっぱりここのかき氷を最後にしないと夏が終わらない。ホーラク饅頭のかき氷

コバルトアイス(ミルク味) 300円 安い!  屋台縁日のかき氷と同じ価格帯ですよ。


 

yojiya10.jpg

なんだろう、この美味しさ。ここでかき氷食べている人の半分以上はこれだもんね。

八代海をイメージしたブルーとかいう話もあるが、蜂蜜味なのにミルク味でブルー色、決してブルーハワイの味ではない。


10年前の記事発見。当時は270円だったんだー。 (当時のダイニングエクスプレス記事


私にとって今夏最後のかき氷

 

 

 

食べログ(掲載時点 3.53)



 

このページのトップへ

2018年9月24日 Posted time : 00:57 | Category : 熊本グルメ情報

DSC01459.JPG

 

期せずして麺ウイークの第三弾。「最近食べ過ぎていて、ちょっと軽いものを食べたい」と会社のデザイナーTさんの要望で、会社の近くのふく泉さんでランチ。暑い日も、寒い日も、こちらのお店は大人気。外の椅子で順番待ちしましたが、さすがうどんやさん、高速回転で店が回るので、5分くらいで入店。で、見てしまったこのメニュー表。

 

DSC01453.JPG

 

安い・・・。普通に冷製うどんを単品で食べるより、モノによっては安いではないですか。ご飯付きとあるので、そばとご飯の両方は、胃袋におさまりきれないと感じ、「ご飯いりません」と言ったのですが、店員さんの悪魔のようなささやき。「ご飯は、いなり寿司に変更できますよ♪」。「ではいなりをください」と言ってしまい・・・。

 

DSC01458.JPG

結果、このボリューム感のとんかつ定食を食してしまいました。Tさんのチキン南蛮定食はさらにボリューミーでした(笑)。いなりは、親切にもお持ち帰り用の容器をくださいましたが、それにしてもすごいボリューム!男性客は、この定食を頼んでいる方多数。これは行列ができるだけのことはありますね。わたしは次回は欲張らずに単品でいきます(笑)。<YA>

 

とかいいながら、前回も定食系を食べていた、懲りないわたしなのであった(笑)。

 

 

ふく泉

熊本市南区平田2の22の7

096-322-8543

 

このページのトップへ

2018年9月23日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

royc12.jpg

東京での休日に原宿散策。原宿は日曜午後を外せば以外にゆっくりと散策可能なエリア。日曜午後は高校生とかが地方からすごいですからね。特に路地もひっそりして面白い発見があるエリア。そして他の東京の街と違うのは一種テーマパーク的な街であること。ファーストフード店や雑貨店が立ち並び・・・ ロールアイスで有名なお店なんてオープンしたてから50人以上行列していましたよ。びっくり。

 

 

royc13.jpg

それでも東京ランチはせっかくだからいい所に行きたいと思う。30度を超える日。タイ料理が食べたい。

今日は明治通りに面したラフォーレ原宿の近く、原宿H&Mビルの8,9Fにある リゾート。ロイクラトンリゾートに。普通の東京ランチにプレミアム料金を払うだけでいつもと違う感覚が味わえる。


 

royc14.jpg

タイ北部ランナー地方のリゾートホテルをイメージした上品なくつろぎ空間。夜はまた違った雰囲気なんだろうと思いつつ天井の高さにもリゾート感、バンコクのビルリゾート的雰囲気をも感じる。

 

 

royc11.jpg

いいんじゃないですか、都会のビルの上でこんな雰囲気なのも。

ロイクラトンリゾートは東京・神奈川・埼玉でレストランを11店舗経営する ラックバッググループのリゾートレストランの一つ。それぞれが趣向をこらした店づくりです。


風の音、匂い、水の音、日差し、樹々のざわめき。
素材とスパイス、そしておもてなしのサービス。
そこはリゾートの風の匂いを感じられる場所。
忙しい日常からエスケープできる場所。

(HPより)

 

royc15.jpg

(クリック、メニュー拡大戻る)

メニューに目を通します。よし。フレンチ的要素を取り入れたニュータイ料理ですね。最近ニュータイ、ネオタイ、モダンタイ料理。特に興味があるんです。

左側にかかれる 1500円から1800円のリゾートランチセットがド定番でしょうけど、せっかくタイリゾート気分だから

今日は右側の一番上のランチコース 3300円にします。


 

royc1.jpg

食べログで調べたところ シンハ―ビール が680円が300円のキャンペーンということで1杯。

この1年でビール飲むのは8月の沖縄オリオンビールを入れて2回目。

昔シンハ―ビール 沢山飲んだなぁと感慨にふける。


 

royc2.jpg

ディップ (チリクリームチーズ、こぶみかんクリームチーズ)

チリクリームチーズはピリ辛味。

なかなかいいメニューだ

 

 

royc3.jpg

前菜は

コンソメゼリー、ほろねぎ、トマト

 

 

royc4.jpg

ねぎ感が結構強い。

 

 

royc5.jpg

オードブルは4品 (1000円から1200円)から1品チョイス可能。

生ハムとアボガドの生春巻きに。

 

 

royc6.jpg

サワークリームソースがさわやか濃厚味。生春巻は野菜だから見た目の大きさの割には食べるといける。

なかなか美味しい。

 

 

royc7.jpg

メインは

ロイクラトン特製トリュフパッタイ 通常セットでは1800円

トリュフパッタイ、地方では食べれないメニューです

結構期待します。ソースがカルボナーラソース。

 

 

royc9.jpg

具材はパンチェッタのみ

トリュフの香りがすごい

全体にカルボナーラソースをからめていただきます。

 

 

royc8.jpg

タリアテッレのカルボナーラ風。

でもグルテンフリー(米麺)だし

そして大好きなトリュフ風味で・・・・美味しい。いやこれはワインが欲しくなる味。玉子なのでしつこいといえばしつこい味なのですが、シンプルな麺だけにどんどん食べ進んでいき、全部残すことなく頂きました。


 

royc10.jpgデザートも4種類からチョイスできる嬉しさ。ドリンクはコーヒーで。

今日はお店の人のおすすめで、チャイティラミスを選択。

チャイ(紅茶)風味のマスカルポーネチーズでふんわり美味しい。


ロイクラトンリゾートでのひと時の休日の時間、とても気分よく過ごさせていただきました。


食べログ(掲載時点 3.53)

 

ラックバッググループ ホームページ

このページのトップへ

2018年9月22日 Posted time : 00:30 | Category : 熊本グルメ情報

DSC01349.JPG

人吉でそばを食べた翌日は、山鹿市でちゃんぽんを楽しみました。その名もひのおかちゃんぽん。ここを初めて訪れたのは、何年前だったでしょうか。看板を頼りに山の中の細い獣道を通り、視界が開けた田んぼの中に、突如あらわれるちゃんぽん屋さん。久しぶりに訪ねたひのおかちゃんぽんさんは、相変わらずの繁盛ぶりで、お客さまもいっぱいでした。

 

 DSC01346.JPG

 

というわけで、メニューは長崎ちゃんぽん(小盛)いなり2個付き600円。小盛と書いてありますが、まったく油断は禁物です。とにかく量が多いのは、前回経験済み。

 

DSC01345.JPG

小盛とはいえ、かなりのボリューム。白濁スープは店主が長崎で修業されたそうです。

 

 DSC01347.JPG

 

相変わらずおいしい!まったく冷房効かず、汗だくで食す。周りの皆さんも皆さん、黙々と食している。家族連れとサラリーマンの率高し。

 

 

DSC01344.JPG

こちらのちゃんぽんには必ず小ぶりのおいなりさんがついてきますよ。甘辛くてデザートみたいに食べちゃいます(笑)。しっかり地元のソウルフードになっているみたいで、うれしかったです。これから寒くなると、心も体もあっためてくれることでしょう!<YA>

 

ひのおかちゃんぽん

山鹿市鹿本町津袋963-1

0968-46-1239

 

このページのトップへ

2018年9月21日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

lal14.jpg

2018年8月、白金台プラチナ通り沿いに新しくオープンしたフレンチ「ラリューム」さんを訪問。こちらは以前レストラン・オザワさんがあった場所。すぐ近くの白金のジョンティアッシュでペアを組まれていた進藤佳明シェフと熊澤大樹ソムリエが独立されてオープンしたのがラリューム。ジョンティアッシュさんはミシュラン1つ星を獲得されておりますので、こちらのお店もこれからどんどん評価が高くなっていくのは当然の流れだと思います。ジョンティアッシュには3度訪問しています。

 

 

lal15.jpg

こちらの階段から地階へ降りていきます。

 

 

lal16.jpg

コンサートホールをイメージした空間というフロアーはキッチンがオープンスタイルでカウンターも配置。

テーブル席が並びます。天井はジョンティアッシュより高く広い空間が広がります。シェフからお客様の動きがわかるため、配膳などのサービスが目が行き届くということ。更に熊澤ソムリエとのサービスのマリアージュが生まれるのではと思いました。

 

 

lal18.jpg

メニュークリック拡大。

MENU DEGSTATION に魚はオマールをチョイス。肉はあか牛でしたので ポークを選択。

 

 

lal17.jpg

ジャカール・ブリュット モザイク /ジャカール(Jacquart Brut Mosaique NV)

シャルドネ40%、ピノ・ノワール30%、ピノ・ムニエ30%。ノン・ヴィンテージでありながら3年以上貯蔵(現地の法律では15ヶ月以上)しており、新鮮で黄金色の色合い。泡立ちも長くエレガントに続きます。洋梨を想わせる新鮮でフルーティーなブーケが特徴。口当たりはパワフルなアタックでありながらもエレガントな味わいが特徴です。

 

llal1 (1).jpg

スタートのアミューズは冷製とうもろこしのスープ。

 

 

llal1 (18).jpg

森林鶏白レバー 活帆立のタルタルを詰めたグジュール

 

 

llal1 (17).jpg

キャビアも入っているー。シャンパンにあいます。

 

 

llal1 (16).jpg

鮎のペニエ 茶豆のリゾットと胡瓜のコンディモン

見た目にも鮮やか、あっさりとした感じながらもリゾットの食感といい本当にうまく調理してあります。

 

 

llal1 (15).jpg

白ワインは熊澤ソムリエチョイス

MOREY-SAINT-DENIS DOMAINE DUJAC 2015

デュジャックの白。かなりポテンシャルある白(シャルドネ)です

1985年の霜害で村名畑のピノ・ノワールが枯死したため、試しに植えたシャルドネが成功。比較的表土は厚く、蜂蜜やグレープフルーツ、そして香ばしいナッツのニュアンスを伴う、リッチなスタイルの白ワインが生まれる。

 

llal1 (14).jpg

北海道産生雲丹と香り豊かなコンソメジュレ 水茄子のタルタルを 焼きナスのムースリーヌで覆って花穂紫蘇をアクセントに

 

 

llal1 (13).jpg

見た目も花紫蘇がかわいい感じですが、中に入っている雲丹とコンソメが、うーんとうならせてくれますね。モレサンドニの白ともマリアージュばっちし。

 

 

llal1 (12).jpg

フォアグラのブランシャ焼きと黄金梅のハーモニー ツルムラサキの苦みと黒胡椒のクランブルをアクセントに。

フォアグラの焼き方がさすが、表面がカリッとし思ったほどどっかりせず。

 

 

 

llal1 (11).jpg

夏の特選素材 オマールブルトンのロティ 松茸のソテー マッシュルームのエキュームと共に

美味しくてあっという間に食べてしまった。そういうものだ。

 

 

llal1 (10).jpg

群馬県産くちどけ加藤ポークフィレ肉をセップ茸のデュクセルと共にグラチネ

ジロール茸と万願寺唐辛子を添えて

万願寺唐辛子がいいアクセントになっていますね、この加藤くちどけポークってたまにフレンチでいただくこともありますが本当に美味しいです。

 

 

llal1 (9).jpg

シャインマスカットとライムのソルベ シャルトリューズのエスプーマ

夏のメニューの名残だったと思いますが、9月ですので秋系のメニューを味わいたいところ・・・

 

 

llal1 (8).jpg

白桃と黒文字のかき氷

やはりこれも夏かな。今日は素直にチョコレート系のデザートが食べたかった気分。気分によってデザートがチョイスできるのというのは場合によってはいいんですよね。

 

 

llal1 (7).jpg

カヌレ茶菓子

 

ごちそうさまでした。ラリュームさんの評価は1年後にはどうなっているんでしょうか・・期待します。

 

 

食べログ(掲載時点 3.06)評価少なくこれから

 

このページのトップへ

2018年9月20日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

isek12.jpg

少し早目のランチが時間の大幅短縮に結びつきます。

焼鳥が食べたい。2度目の訪問になると慌てることもありません。東京駅から京橋へは歩いても10分もかかりません。道にも迷いません。行列必至で1回転目に滑り込みたいお店です。

 

 

isek1.jpg

1921年創業ですからね。すごいよ。

 

 

isek3.jpg

前回訪問時はやきとり丼4本丼。

今日はやきとり定食の5本定食にします。ご飯は小盛でお願いします、ご飯食べなくてもいいつもり。

隣のおじさんはやきとり定食7本。私も7本にすればよかったか。

 

 

isek4.jpg

カウンター席に座りましたので、焼く様子が見れて楽しい。

串打ちされた焼鳥が焼台に乗せられていきます。

 

 

isek6.jpg

どんどん煙が出ていきます。

 

 

isek5.jpg

定食を頼むと皿とお新香が来ます。

 

 

isek7.jpg

濃厚な味の鶏スープ

 

 

isek8.jpg

先ずは3本来ました。

真ん中のねぎ巻から頂きます。

 

 

 

isek10.jpg

肉がプリップリッで美味しい。

 

 

 

isek9.jpg

砂肝はあまり好きなアイテムではありませんが、ここのは美味しいわ

 

 

isek11.jpg

そしてささみ。ももと団子(つくね)も美味しい。

団子だけもう1本食べたくなりました。


ご飯はかなり小盛だったし、このペースだと8本くらいはいけます。美味しいものはいける。日本酒が飲みたくなりました。いかんいかん。TT

 

食べログ(掲載時点 3.65)

 

東京・京橋 伊勢廣 焼鳥丼がこんなに美味しいなんて

伊勢廣ホームページ



 

このページのトップへ

カレンダー

2018年9月のカレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー