九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2021年12月 4日 Posted time : 00:15 | Category : 全国特産物情報

0107kuzusiruko2.gif

 

寒くなったかと思ったら、ぽかぽか暖かかったりの日々。温度変化に体調を崩していらっしゃいませんか?そんな時は、葛湯としるこが合体した最強ほっこりスイーツ、葛しるこで体を温めましょう。

奈良県吉野の坂利製麺所さんの本葛小倉くずしるこ。坂利製麺所さんは昭和59年創業で、素麺の製造から始まったお店とのこと。

奈良県吉野地域は、昔から葛の自生地として有名。万葉集にも、葛を読んだ歌がたくさん登場します。農耕に適さない山間地で採取され、葉っぱは家畜のえさに、根は体を温めることから漢方薬にも利用されてきました。

 

0108kuzusiruko1.gif

1袋に5杯分入っています。

0107kuzusiruko4.gif

作り方も丁寧に書いてあります。少量の熱湯でペースト状に練ってから、それを伸ばすようにお湯を足していくそう。ねりねりしているプロセスもまた楽し。

234945_detailImage2.jpg

とろ〜っとしていて甘くて懐かしい味。とても美味しくてあったまりますね。

 

坂利製麺所さんはくずしるこの他にも葛餅、葛そうめん、葛うどん、喜養麺、にゅうめんなどを国産の原料を用いて製造されているそう。オンラインショッピングもできるとのことなので、お歳暮で贈ったらよろこばれそうです。<YA

 

 

 

 

 

このページのトップへ

2021年12月 3日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_6211.jpg

出張で大阪に遅めの時間についたのですが、夕食をワインと一緒に取りたかったのでお店を選んでいたのですが、人手も多く宿泊先のホテルから近い梅田のこちら、4度目くらいになると思います、ケンゾーエステートさんに来ました。久しぶりです。



IMG_6218.jpg

アメリカ カリフォルニア ナパバレーのケンゾーエステートの直営店なので、ケンゾー以外のワインはありません。直営店なのでレストランにあるケンゾーのワインより安い。リンドのフルボトルで16500円です。


 

IMG_6219.jpg

料理もおひとり様向けに調整してくれるのも有難いです。フレッシュキャビアと里芋 1個800円x2


 

IMG_6220.jpg

スパークリングワインとキャビア最高の組み合わせです。


 

IMG_6224.jpg

フォアグラの味噌漬けとあんぽ柿 菜園仕立て

見た目にもとてもきれいな冷製フォアグラ、味噌漬けにしてあるので、濃厚さも増し、あ豆腐の味噌漬けとは違います。

 


IMG_6226.jpg

まるでフレンチです

 

IMG_6229.jpg

と思いきやお店の人のおすすめでこちらをオーダー

和牛の肉じゃが 山椒風味

 

IMG_6230.jpg

肉美味しい。そして赤ワインとの相性もばっちりです。もっと食べたくなりました。

 

IMG_6215.jpg

清 2018

スパークリングワイン

 

 

IMG_6222.jpg

結 2020

ロゼワイン

 

IMG_6227.jpg

紫鈴(りんど) 2018

赤では明日香(あすか)という上のグレードもありますが、濃厚加減と言い私はリンドが好きです。


 

1回目の記事

2018年の記事

 

食べログ(掲載時点 3.62)

このページのトップへ

2021年12月 2日 Posted time : 00:00 | Category : D@EXコラム

P1080300.JPG

創業100年を迎える京あられ・おかきの老舗「鳴海屋」さん。『マツコの知らない世界』のきな粉特集でこちらの商品が紹介されたらしく、グルメの友人が即購入し、おすそ分けをいただきました。


 黄な粉の中に、かすかに黒いつぶつぶがあり、黒豆感が出ています。京都産新丹波黒豆で作ったきなこなのでコクが違うのだそう。讃岐の和三盆塘で甘みを付け、隠し味として沖縄の塩ぬちまーすを加えてあります。


P1080302.JPG



一口食べると、黄な粉の香りと上品な甘み、そして塩が入っていることでぎゅっと引き締まったおいしさになってますね。あられ自体も、佐賀県産ヒヨクモチ、京都府産の新羽二重餅を中心としたこだわりのもち米を使用。伝統的なせいろ蒸し、杵つき製法で仕上げてあるとのことでサクッと感がよい。あられと黄な粉のコラボレーション、配合等がかなり絶妙なバランスです。あまじょっぱさがたまらないおいしさでした。<YA>

 

 

このページのトップへ

2021年12月 1日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_6195.jpg

アミュでランチ。違う店に行ってみたかったのでこちらにしました。ガレットのお店です。カフェとか行かないし、リゾートも行っていないからガレットにもご無沙汰していました。こちらは2019年10月オープンとか。ポイントはそば粉100%ということです。

チェーン店とはいいつつもかなり本格的。パリ・東京にもお店があるんですね、知りませんでした。経営者はフランスの人。ここでガレットを焼いている人もフランス人みたいな感じでしたよ。

フランス北西部、ブルターニュ地方の郷土料理。そば粉で作る「ガレット」が存分に楽しめるお店。ブルターニュ出身のラーシェ・ベルトラン氏創業。

 

IMG_6196.jpg

美味しそうです。

IMG_6197.jpg

ランチメニューにします。

1280円のセットに150円のスープで。ガレットは3種類から選べますが、標準の目玉焼き風玉子、シャンボン、ハム、チーズ、オニオンのものに。

 

 

IMG_6198.jpg

スイーツガレットもめちゃくちゃ美味しそうや

 

IMG_6199.jpg

夜メニューもあるよ。ワインとかでいけそうですね、ここ。

 

 

IMG_6200.jpg

サラダはいたってフツー。

 

 

IMG_6201.jpg

パンプキンスープもいたってフツー

 

IMG_6202.jpg

ガレットはパリッと。結構食べがいありますね。

生地の厚さもペラペラではないです。

 

IMG_6203.jpg

あんまり沢山食べたわけではないので、比べる基準を持っていません。今度熊本でも探して食べに行ってみようと思います。100%そば粉が前提ですが。

 

 

IMG_6204.jpg

たまごつぶして

 

 

IMG_6205.jpg

美味しい。1枚は結構多いです。

隣の女性も残しておられました。

 

食べログ(掲載時点 3.06)

 

 

このページのトップへ

2021年11月30日 Posted time : 00:58 | Category : 熊本特産物情報

P1080287.JPG坪井にある日々菓さん。ずっと行きたいと思っていたお菓子屋さん。場所はわかっているのに、永遠にたどり着けないってところないですか(笑)?「ニュー広町ビルの脇の路地」だと知っておきながら、何度も目指したのですが、車で何度も素通りして気づかず(笑)。意を決して歩いてみたらありました。そのくらい小さなお店ですが、おいしそうなケーキがたくさん置いてあります。

この日購入したのはパウンドケーキ

*レモンのハ?ウント?ケーキ
*バナナのパウンドケーキ
*発酵バターのパウンドケーキ
*ラムフルーツのパウンドケーキ
*いちじくショコラのパウンドケーキ
*抹茶とチョコチップのパウンドケーキ
*木の実のブラウニー

などなどいろいろあって、目移りします。


P1080292.JPG

中でも大好きだったのが、「んごとチャイのパウンドケーキ」

P1080294.JPG濃く煮出したチャイを生地に混ぜ込み、甘く煮たリンゴを入れて焼いてあるのだそうです。
シナモンやカルダモン、ジンジャーのスパイス香るパウンドケーキは、食べたことのないおいしさ。
今まで食べたパウンドケーキの中で一番好き。というか、パウンドケーキ一つでも、こんなに感動を与えられるとは。また買いに行こうと思います。次は、道迷わない(笑)。<YA>

日々菓

熊本市中央区坪井2丁目1?29

096?295?3984

 

このページのトップへ

2021年11月29日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

IMG_6113.jpg

六本木ヒルズにあるラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション。ロブション系列でカジュアルなお店。気取らず美味しい料理を短時間で食べれるので重宝しています。インターナショナルな雰囲気があります。コース料理は5300、7800、9500、13500円とあとスペシャル16800、20000がありますが、アラカルトも沢山あります。

組み合わせていけます。アミューズ、主菜、デザート、コーヒーの一番簡単な5300円のコースに前菜を2品追加しようと思います。アラカルトではメインで食べたい仔羊が選べないのです。

 

IMG_6115.jpg

パン屋が併設されているし、パンも美味しいのですが今日は見せていただくだけにしました。

 

IMG_6116.jpg

アミューズが豚のリエット。いつもこれなのでたまには変えて欲しいなと思う。

 

 

IMG_6119.jpg

アラカルトから 鴨のフォアグラのテリーヌ パン・ド・カンパーニュを添えて

フォアグラは温かいものでないほうが脂っぽくなくておいしい。

 

 

IMG_6121.jpg

アプリコットと一緒に食べるとさらに美味しい

 

 

IMG_6126.jpg

 

帆立貝のミ・キュイ 海藻バターと共に

帆立2個ですよ。

 

IMG_6129.jpg

半分ずつ食べて4口で食べ終わるのですが、濃厚なバターと海藻風味が白ワインとよく合います。

 

 

IMG_6131.jpg

メイン 仔羊背肉 ハーブの香りと共にロティ ポテトピュレを添えて 

さすがロブション系列。仔羊背肉の焼きに手加減がありません。牛肉よりここではこれがいいのではないでしょうか。

 

 

IMG_6133.jpg

マロンのタルト仕立て ヴァニラの香りとみかんのクーリをあしらって

 

 

IMG_6134.jpg

デザートも秀逸ですよ、やっぱし。

 

IMG_6135.jpg

ミニャルディーズ

 

IMG_6114.jpg

グラスシャンパン

 

IMG_6117.jpg

アルザス リースリング ZUSSLIN

 

IMG_6123.jpg

ブルゴーニュ オー・コート・ド・ニュイ 2018 デビッドデュバン

 

IMG_6132.jpg

ロブションのPBの赤ワインだったかなぁ。

 


前回の記事

2回目の記事 1回目の記事

 

食べログ(掲載時点 3.79)

このページのトップへ

2021年11月28日 Posted time : 00:48 | Category : D@EXコラム

 

_1070402.JPG

海苔の収穫の季節が到来。グルメのお友達にいただきました宇土市にある住吉海苔本舗さんの青粉のりです。

ところで宇土市といえば海苔の産地。

海苔といえば、イギリス人のドリュー博士。

ドリューベイカー博士は、海苔を安定して育てる養殖の手法の基礎を考案した女性です。

1901年にイギリスのランカシャーで生まれた彼女が、海苔に縁があるなんて不思議。

住吉エリアでは、ドリュー博士の功績をたたえる「ドゥルー祭」が開催されていて、以前取材したことがありましたが、今年も開催されたと新聞に掲載されていて、コロナ禍なのにすごいなあと感動。

宇土の海苔がおいしい理由の一つは、ドリュー博士が見守ってくれてるからじゃないのかしらなんて思いました。

_1070405.JPG

味付け海苔にオンしている青粉が見えますか。

このことにより、香り高さが際立っています。

 「一番摘み」だからおいしさも香りも一級です。


住吉海苔本舗のアルミパック入りの海苔は、青粉のりだけでなく、梅海苔、塩のり、わさびのり、唐辛子のりなどさまざま。

 お歳暮などでも喜ばれそうですね!

熊本市内ではサンリブくまなん店にもあるそうですよ!<YA>

このページのトップへ

カレンダー

2021年12月のカレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら
過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー