九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

九州 業務用食品卸 株式会社ハウディ

トップページ > ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

ダイニングエクスプレス

2019年11月19日 Posted time : 00:47 | Category : 熊本グルメ情報

 

久しぶりに焼肉館彩炉さんへ。日々の食卓から、肉のパーセンテージが低くなりつつある今日この頃。時には牛肉をがっつり食べてパワーチャージをしたいものです。カルビに、ロース、タンなどさまざま食べました。焼肉をこんなにがっつり食べたのは、釜山以来でしょうか。でも釜山ではサムギョプサルでしたので豚でした。(こちらは前回ランチで行ったときの写真です)

 

DSC04941.JPG

でデザートに久しぶりに食べたのが、こちらのホットクです。実は彩炉さんには期間限定メニューの「秋のホットク」という栗やあずきを使ったホットクがあり、迷ったのですが「変化球より普通のホットクがいいね」ってことで、ノーマルホットクをオーダー。焼肉でおなかいっぱいになると、オーソドックスなものの方が、なんだかおなかにすんなり入ってくれそう。やっぱりホットクおいしいな!甘過ぎるくらいの甘さがよくて、さらにパワーチャージ!釜山で食べた種ホットクを彷彿とさせるささやかなナッツがアクセントでした。彩炉さん、サラダバーのある店舗があるのですね。清水店にはないので、是非サラダバーがあるとさらにうれしいのですけどね。<YA>

焼肉館彩炉 清水店

熊本市北区高平3丁目38?5

096ー341ー3141

 

 

このページのトップへ

2019年11月18日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001256.jpg短い上海ステイの最終日のディナーは四川料理、また中華料理である。個人的にはイタリアンとかフレンチが食べたい気分だが致し方ない。一軒家の洋館を使った四川料理。日本人の口にもあうマイルドな四川料理とのことでほっとする。


R0001257.jpg

例のごとく前菜がどんどんと運ばれてくる。これはめちゃくちゃ辛そうなアイテム。

 

 

R0001258.jpgrrs (32).jpgrrs (31).jpg

最初にデザートとか出てくるんだ。

 

rrs (30).jpgrrs (29).jpg

最近では中国でも普通にサラダ

 

rrs (28).jpg

大根おろしのような。

 

rrs (27).jpgrrs (26).jpgrrs (25).jpgrrs (24).jpg

一発目の麻婆豆腐。10人分だからなすぎだねえ。

熊本のホテルでも食べる味に似ていました。

 

rrs (23).jpgrrs (22).jpg

結構大きな鍋。血鍋か、辛くてヒーヒーします。

 

rrs (21).jpgrrs (20).jpg

スペアリブ。

中華料理ってみんなの分量考えずに、自分のところで「がばっと」取る人が必ずいるね。どうして。


 

rrs (19).jpgrrs (18).jpg

北京ダック

 

rrs (17).jpg

脂っぽいので、北京ダックはいつも食べません。

 

rrs (16).jpgrrs (37).jpg

ミニミニサイズの焼しょうろんぽお。

数年前は日本でも流行ったなぁ

 

rrs (36).jpg最後に〆の麻婆。さっきのより辛いバージョンでした。TT

 

 

このページのトップへ

2019年11月17日 Posted time : 00:11 | Category : 熊本グルメ情報

DSC04874.JPG

ランチタイムにてんま屋さんに。お昼においしい藁焼きが食べれるお店なので、ご褒美ランチ的にぜいたくなひとときを過ごしていたのですが、なんとお昼の藁焼き定食の提供は土日祝のみになってしまっていました。なかなか夜に出歩けない主婦にとってみると、お昼に藁焼きってすごくポイント高かったのに、残念です。

DSC04876.JPG

 

というわけで気を取り直して、アジフライ定食をオーダー。ざるそば二枚、ご飯少なめバージョン。アジフライはサクサクでとてもおいしい。牛深から直でやってきているようで新鮮です。ざるそばも安定のおいしさ。寒くなったら温かいバージョンを試してみようと思いました。<YA>

藁焼きてんまや

熊本市南区田迎4?4?39

050?5571?3201

このページのトップへ

2019年11月16日 Posted time : 00:00 | Category : 編集長コラム

R0001230.jpg

上海駅そばのホテル、VIENNA INTERNATIONAL HOTELにて昼食。ウィーンというだけあって装飾品などがヨーロッパ寄りになっていますね。中華料理が2日目で飽きていますが、仕方ありません。

 

 

R0001231.jpg

一品粤珍楼 上海

日本語的には聘珍軒 となるので、聘珍樓=高級中華と想像していまいます。実際は日本人観光客が団体で送り込まれたりするよくある中華料理ではないでしょうか。朝、宿泊ホテルの朝食会場で見かけた団体さんもこちらに送り込まれていました。

 

R0001233.jpg

料理は前菜、スープ、野菜など、関係なくどんどん運ばれてきます。

 

 

R0001234.jpgR0001236.jpgR0001238.jpg

日本人の口に合わない、サンラータン。

こんなサンラータン初めて。

 

R0001239.jpg

一番無難な味

 

 

R0001240.jpg

ケチャップ味の酢鶏

 

R0001241.jpgR0001242.jpgR0001243.jpgR0001244.jpgR0001245.jpgR0001246.jpg

手を付ける暇もなく、どんどん料理が運ばれて、これだけ並んでしまう。圧倒されますよ。チャーハンと白飯。

 

 

R0001247.jpg最後に蒸し魚。

おかげで食べすぎずにすみました。

 


 

 

 

このページのトップへ

2019年11月15日 Posted time : 00:54 | Category : D@EXコラム

 

 

 P1000008.JPG

 

 

ケンミンの焼きビーフンならぬパッタイの素をスーパーで見つけて購入。低GIブームの昨今、ビーフンは追い風なことでしょう。GIGI言うてますけど、GIって、グライセミックインデックスの略だと初めて知りました。難しすぎて覚えられないですね。それにしても、おうちで手軽にパッタイ作れるならうれしいですよね。タイ料理店でしか食べたことありませんから。甘辛ナンプラーがついていて味付け失敗の心配いらずです。

作り方の手順としては、まず卵を炒めて、その後豚肉やエビを炒め、麺と水を入れてぐつぐつ煮る。3分くらい経ったら、麺をほぐし、もやしとニラを入れ、さらに炒めて水分がなくなったころに、甘辛ソースを入れて炒めて出来上がり。

P1000006.JPG

仕上げにかけるクラッシュナッツとパクチー、そしてタマリンドの代わりのライム的なものがないっていう完全アウェイなシチュエーションで作ってしまいましたけど、それでもおいしくできました!もちもちの麺と少し癖のある甘辛ソースはまさにパッタイ。ナンプラーを少々たすとさらに本格的な味わいとなり、お手軽でオススメです。<YA>

 

 

このページのトップへ

2019年11月13日 Posted time : 00:01 | Category : 熊本グルメ情報

P1000070.JPGサクラマチクマモトさん。まだまだ土日は客足が途絶えることがありません。平日に、地下一階にあるPANDAEXPRESSさんに行きました。晩ご飯のお持ち帰り用チャイニーズをゲットしに。PANDAEXPRESSさんの歴史はココで。1983年、カリフォルニアで生まれたアメリカンチャイニーズのお店です。なんと世界中に1900店舗以上もあるのだそうですよ。

P1000072.JPG

ここで人気なのは、オレンジチキンというチキンメニュー。揚げたチキンにオレンジジュースが絡まっている甘辛メニューです。スイート&サワー味は酢豚といいアメリカンチャイニーズでは人気の味。試食もさせてくださるので遠慮なく試食。いろんなメニュー試食させていただきました。

P1000078.JPG

持ち帰りのオレンジチキンは、紙パックに入れてくださいます。意外と漏れたりこぼれたりしないものです。パンダちゃんがかわいい。この感じアメリカ感満載ですね。

 

P1000081.JPG

オレンジチキン。けっこうこぶりのチキンですが、日本では食べたことがない味わいで、やめられない止まらないおいしさ!ほかにもモンゴリアンポークやブロッコリービーフを持ち帰りましたが、なんとなく機内食っぽい味付け。CAさんの「ポーク?オアビーフ?」ってのを思い出しつつ、食べました(笑)。<YA>

 

このページのトップへ

2019年11月11日 Posted time : 00:30 | Category : 熊本グルメ情報

DSC04523.JPG久しぶりに大津町の柿の葉寿司さんに行きました。雰囲気のあるステキな古民家に移転され、カフェ&レストランいろはとしてオープンされて数年になられますが、リーズナブルな懐石和食が楽しめる店として大人気、さらに夏場はかき氷が爆発的な人気となり、柿の葉寿司以外でも大人気のお店となりました。私はこちらの柿の葉寿司が大好きでお持ち帰りをします。今回も晩ご飯用にお持ち帰り。ぺいぺい使えましたよ。

DSC04524.JPG

サバとサケと、エビ。エビは数年前から登場した新メニュー。シンプルな原材料がうれしい。

DSC04527.JPG

柿の葉にくるまれたお寿司たち。葉脈ってアートですよね。さて、何が出てくるか楽しみでもあります。

DSC04529.JPG

オープン!すると逆さまになってました。

DSC04531.JPG

 

エビでした!エビの下には昆布が敷いてあります。酸っぱくてエビの香りがしておいしいです。イタリアンも中華もおいしいけど、やっぱり和食。日本の文化を感じる柿の葉寿司を食べると、ほっとしますね。駐車場が少ないので乗り合わせをオススメします!<YA>

柿の葉寿司本舗

レストランカフェいろは

菊池郡大津町下町231

0962839000

 

 

 

このページのトップへ

カレンダー

2019年11月のカレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

menu waku

月別アーカイブ

過去の記事はこちら

menu waku

最新の記事

menu waku

カテゴリー一覧

menu waku

検索

menu waku

ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー

ピックアップ
おすすめ商品紹介   ハウディニュース   ダイニングエクスプレス   おいしいレシピ   社員インタビュー
ピックアップ

おすすめ商品紹介

ハウディニュース

ダイニングエクスプレス

おいしいレシピ

社員インタビュー